水分不足が原因?

乾燥肌が起こっている原因は、水分不足が原因だと思われていますよね。勿論、水分が不足していることが一番大きな原因ですが、他にも肌のターンオーバーが乱れている可能性が高いです。
肌のターンオーバーは、古い角質を除去して新しい角質を作り出せるようにしています。ですが、これが乱れてしまうと古い角質は除去しきれなくて肌の状態が悪化してしまいます。
乾燥した状態で古い角質が除去できなければ、毛穴が大きく開いてしまったり、カサカサとした状態となってしまいます。
カサカサとした状態は、古い角質が肌に残っていることで浮き上がっているのですが、新しい角質ができていないことから残ったままになっている証拠です。
こういったことを改善するには、肌のターンオーバーを整えて細胞の働きを活発にすることが大切です。
肌の細胞を活発にする方法は、体内から美容成分を浸透させることと基礎化粧品で保水と保湿を行なえるようにします。
乾燥肌は、水分が不足している状態が続いているので保水と保湿を行なえるように基礎化粧品で働きかけるのが一番いいのです。
ですから、乾燥肌専用の基礎化粧品には保水と保湿が行なえる成分が豊富に含まれています。
基本的に基礎化粧品は、同じ製品のシリーズで利用するのが良いと言われています。その理由は、それぞれの製品に含まれている成分の効果を高める為です。

乾燥肌の場合は、圧倒的に保湿力がない肌となっているので肌の状態を整える為にも、同じ製品のシリーズで利用することをお勧めします。