トラブルが多い肌質

乾燥肌は、水分が不足していることで表皮部分が乾燥した状態となっています。その状態のまま放置しておくと、肌がひび割れた感じになったり、突っ張ったり、粉をふいたり…など様々なトラブルが起こります。
こういった状況になっても放置すると、表皮部分がとても敏感になってしまい肌荒れや炎症を起こしやすくなってしまうのでもっと厄介になります。
それに、乾燥肌は加齢によるしわや毛穴の開きが目立ちやすい肌質になります。それに、毛穴が開いた状態となれば汚れや皮脂が詰まりやすくなってニキビを起こしやすくなります。
人によっては、皮脂分泌によって起こるのだから乾燥肌はニキビが発生しないと思っているでしょう。ですが、乾燥肌でもニキビは起こりやすいです。
この肌質で起こったニキビは、炎症で赤くなるタイプが多いので見た目的にも目立ちますし、ニキビ跡も赤くなるので肌が汚く見えてしまいます。
こういったことを避けるには、乾燥肌専用の基礎化粧品を利用してスキンケアを行なうことです。

ニキビが酷い人は、ニキビケアを行なう基礎化粧品を利用するかも知れませんが、製品によっては皮脂を奪ってしまう可能性があります。
乾燥している肌にとって皮脂は、肌の状態を整える為に必要なものとなりますので、ニキビケア専用の基礎化粧品は利用しないほうがいいでしょう。
ニキビが発生している場合は、ニキビを治せる塗り薬などを利用することをお勧めします。
そうすれば、乾燥している肌に合った基礎化粧品で肌質を整えることができますし、基礎化粧品の中には保水や保湿効果のある成分が含まれていますので潤いを与えられるようになります。